ニュース

沖縄文化財に塗料男の名前と顔画像判明!職業は何?動機は?下馬碑

沖縄で文化財に塗料を塗った男が逮捕されました。

職業は何なのでしょうか?

文化財に塗料を塗った動機は何なのでしょうか?

男の名前や顔画像、動機などを調べてみました!

 

沖縄文化財に塗料男の名前と顔画像判明!

沖縄県警那覇署は13日、那覇市泊の崇元寺にある県指定有形文化財の石碑「下馬碑(げばひ)」の土台に缶スプレーで塗料を塗ったとして、那覇市安里の自称建設作業手伝いの男(53)を文化財保護法違反の疑いで逮捕した。調べに容疑を認めているという。

逮捕容疑は13日午前10時15分ごろ、市が管理する下馬碑の土台に缶スプレーで塗料を吹き付けた疑い。

市文化財課によると、同日午前10時20分ごろ、容疑者を目撃した男性から「石碑が汚されている」と連絡があり、市職員が現場を確認した。その後、同課が那覇署に通報し、国や県に報告した。碑の高さは約2メートル。

署は目撃情報などを基に容疑者を特定し、緊急逮捕した。動機などを詳しく捜査している。

近くに住む70代の女性は「何でこんなことをするのか理解できない」と首をかしげた。市担当者は「今後、塗料の除去方法などを文化庁と相談する」と話した。

崇元寺では昨年12月、説明板に黒いスプレー塗料が塗られる被害があったほか、2017年4月にも石門の扉など計5カ所に油のような液体が掛けられる事件が起きた。

出典:沖縄タイムズ

 

文化財に塗料を塗った男は、那覇市安里に住む洲鎌覚容疑者(53)。

洲鎌覚容疑者の顔画像については現在のところ明らかにされていません。

新情報が入り次第追記します!

洲鎌覚容疑者の職業は何?動機は?

 沖縄県那覇市の崇元寺にある石碑「下馬碑」の台座部分が13日午前、何者かによってラッカースプレーで汚された。崇元寺は第一門などが国の重要文化財に指定されており、下馬碑も指定範囲に含まれている。

目撃者によると、午前10時15分ごろ、スプレー缶を使って赤く塗っている男がいたという。目撃男性が那覇市に連絡したわずか5分ほどの間に男は姿を消した。市は11時半過ぎに現場を確認。11時50分ごろから県警が現場検証をしている。

出典:琉球新報

洲鎌覚容疑者の職業は、自称・建設業手伝いとありました。

犯行の動機については現在調査中です。

新情報が入り次第追記します。

 

県指定有形文化財の石碑「下馬碑(げばひ)」について

歴史的なものにこんなことをしてしまう気持ちが全くわかりません。

 

文化財に塗料を塗った男に対する口コミ

信じられない…呆然。言葉が出ない。
はやく逮捕を。沖縄県警は本気でがんばれ!

崇の元の寺だけに悲しいですね

しかも50歳なんて・・・

那覇の泊にある、沖縄の歴代の王様を祭っていた崇拝寺の敷地内にある下馬碑が、心無い人間によって真っ赤に染められてしまったよ……犯人は逮捕されたみたいだけど、王様達の霊が冒涜されてしまって悲しいよぉ

⇒和泉市女児性的暴行の双子の顔画像特定!

⇒豊橋市わいせつ17歳らの顔画像は?

⇒沖縄文化財に塗料スプレー男誰?