歌手の近藤真彦が11月4日放送の「近藤真彦くるくるマッチ箱!」(文化放送)に出演し、コロナ禍の街中では“女優級”の美人と遭遇することが多いと表現している。

近藤はレースチームの遠征で観光促進事業のGo To トラベルキャンペーンを利用したと明かし、1000円分の商品券もゲット。受け取ったクーポン券で「コンビニでビール2本とつまみを買って、プラス15円(合計1015円)だった。お得!」とGo To トラベルのありがたみを痛感したようだ。

また、長引くコロナ禍の新しい生活様式では、マスクで口元を覆うことがもはや社会的マナーとなっているが、近藤はマスクを着用する女性について「お願い! マスク外さないで、って人が一杯いる」と表現。さらに、「目を綺麗にメイクされたら、『どこの女優さんですか?』ってほど綺麗に見える」とも語っていた。

「顔の大部分を覆うマスク生活が続いており、いざマスクを外すと想像していた雰囲気とは異なる容姿だったというケースがあるのは事実です。ただ、近藤の『マスクを外さないでって人が一杯いる』との表現に対しては失礼な言い方と捉える人も多かったようで、『何目線ですか』『オッサン的発想。公共の場で平気で言えるのがヤバい』『マスク取ったらブスが見えるから外さないで、と解釈しました』『思うのは自由ですが、ラジオで言うのはやめてほしい』との反発も寄せられてしまいました」(テレビ誌ライター)

元国民的トップアイドルによもやの女性からの批判。言っている内容は分からなくもないが、心の奥底に留めておくべきものだったといえそうだ。

出典:アサジョ