生活

献血の時の告知項目に新たな項目追加!その項目とは?なぜ6か月?

献血をする際に問診票の記入か入力をしなければならないですよね。

定期的に献血をする人にとっては煩わしいかもしれませんが、輸血を受ける側からしたら大切なことです。

今回その告知しないといけない項目に新たな項目が追加されたそうなのです。

一体どんな内容の項目が追加されたのでしょう?

また当たらな項目を追加するに至ったのはなぜなのでしょうか?

 

献血の時の告知項目に新たな項目追加!その項目とは

 

病気の治療や手術などで輸血を必要としている人のために、献血をしたことがある人はどれくらいるでしょうか。日本赤十字社によると、日本国内では、1日あたり約3000人の患者さんが輸血を受けているといわれ、血液は常に必要とされている状況なのだとか。献血をしたことがない人にとっては、自分がそもそも献血できる体なのかと考えたことがあるでしょうか? いま話題になっているのは陽咲 庵ζ*’ヮ’)ζ<ガルパン応援㌠(@Hizaki_iori_765)さんのこんな投稿です。

 

2年振りに献血に行ったら、新しい項目が増えてた。 『半年以内に生焼け(赤身が残っている状態含む)の豚、鹿、猪などのジビエ料理を口にしたことがある』人の血液は使えませんので事前に申告してください。 半年以内って相当厳密よね。

— 陽咲 庵ζ*’ヮ’)ζ<ガルパン応援㌠ (@Hizaki_iori_765) October 19 2019

 

献血の注意事項について投稿した陽咲 庵ζ*’ヮ’)ζ<ガルパン応援㌠(@Hizaki_iori_765)さん。こう続けています。

 

もちろん、『ジビエ』全部がダメ、という訳ではありません。しっかり火を通して居ればジビエを食べた人でも献血はできます(ただし、問診の際に訊いてみてください)。

 

ジビエでもウェルダンの焼き加減であれば鹿肉でも猪肉でも問題はないようですが、「生」の豚や鹿、猪の肉を口にした人は献血できないとのこと。その理由については、2018年に、輸血により患者さんがE型肝炎ウイルス(以下HEV)に感染した事件がきっかけになっているようです。この事例では、血液製剤の供給元の献血者がシカの生肉を食べたことで感染したとみられています。日本赤十字社はこの事件をふまえて、

 

輸血用血液製剤の安全性を確保するための当面の措置として、献血会場において、HEVの感染源と受血者への感染リスクを周知するとともに、HEVに感染するリスクのあるブタ、イノシシ、シカの肉や内臓を生又は生焼けで食した方については、摂取した時点から6カ月間は献血をご遠慮いただくこととしました

 

としています。輸血用血液製剤の多くは、不慮の事故等に伴うものではなく、がん患者さんの治療に使用されるとのこと。少子高齢化等の影響により、主に輸血を必要とする高齢者層が増加し、若い世代が減少しているそうなので、生のジビエを食べた記憶がない若い方は、ぜひこの機会に献血に足を運んでみてはいかがでしょうか。

出典:citrus

献血に追加された項目は

『半年以内に生焼け(赤身が残っている状態含む)の豚、鹿、猪などのジビエ料理を口にしたことがある』人の血液は使えませんので事前に申告してください。

ということです。

ジビエ料理を生の状態で食べられる人は限られると思いますがジビエのことを言われだしてからジビエ料理を食べる人も増えたのではないでしょうか?

ジビエに馴染みのない人でも、豚肉料理を生焼けの状態で食べてしまったという人も中にはいるかと思います。

なぜ追加された?

なぜ『半年以内に生焼け(赤身が残っている状態含む)の豚、鹿、猪などのジビエ料理を口にしたことがある』人の血液は使えませんので事前に申告してください。」という項目がふえたのでしょうか?

ジビエでもウェルダンの焼き加減であれば鹿肉でも猪肉でも問題はないようですが、「生」の豚や鹿、猪の肉を口にした人は献血できないとのこと。その理由については、2018年に、輸血により患者さんがE型肝炎ウイルス(以下HEV)に感染した事件がきっかけになっているようです。この事例では、血液製剤の供給元の献血者がシカの生肉を食べたことで感染したとみられています。

輸血を受けた患者さんがE型肝炎ウイルスに感染してしまったことで、調査したらその血液を提供した人がシカの生肉を食べていたことがわかり、新しい項目を追加するに至ったということだそうです。

でもなぜ6か月?

生や半生のジビエ肉を食べたらなぜ6か月はあけてから献血をしないといけないのでしょうか?

その理由は、生や半生のジビエ肉を食べて感染すると言われているE型肝炎ウイルスは感染しても約6か月で感染期間が終わるそうです

なので6ヶ月という期間が設けられているそうです。

またE型肝炎ウイルスは野生の獣肉に多く、しっかり加熱すればウイルスが死滅するので特に問題はないのですが加熱が不十分な場合は獣肉の血液内にウイルスが死滅せず残ってしまう為食べた人はE型肝炎ウイルスの保菌者、または感染者となります。

E型肝炎ウイルスを不活性化させるには?

E型肝炎ウイルスを不活性化させるには、60度以上で30分加熱するだそうです。。

60度で30分??と驚きましたが、実際自宅で調理する場合は80度から180度くらいと言われています。30分よりも加熱時間は早くなることは間違いがないですが、怖いですね。。

特に気を付けたい豚肉、その他の生肉

豚肉は身近なだけあって食べることも多いです。特に豚肉や豚レバーが多いそうです。

ジビエ肉は手に入る人は手に入るけど、つてが無かったりすると手に入りづらいのでどうしても身近な豚肉が多くなってしまうのが実情です。

牛肉や馬刺しなどの生肉での感染は報告例がないそうですが、E型肝炎の感染経路の約50%以上が不明らしいので、肉の生食自体控えたほうがいいのかもしれません。

 

肉の刺身系好きだからきついな

 

献血の新たな項目についての口コミ

へぇ〜。ジビエの生肉が。知らなかった。その手の食事に縁はないので、献血に問題はありませんが。
ジビエってうっすら赤くても食べちゃっていい物なのか? むしろそちらに驚いた。
そういえばジビエ肉食っちゃったから献血できないじゃん。
生や半生のジビエは怖くて食べられんな。 キムタクが、「生の鹿のレバー丼が最高に美味しかった」と言ってたらしいけど。
ぎょぇー!! でも待って、ザラーっと見渡して、ジビエ食べるような生活レベルで献血をしようなどと言う崇高な意思を持つ人、ここで見たことないんだけど(笑)
鹿肉等のジビエの生食はめっちゃ気をつけてくださいね。。。 素人が興味本位で自分で扱わないよう信頼できるプロに任せましょうね。。 特に妊娠してる方はダメよ。。 食べた人は半年献血もダメですよ。。うっかり忘れて輸血された人も感染リスクやで。。