ニュース

東村山市80代夫婦宅460万円窃盗事件。犯人と面識はある?画像

東京都東村山市の80代夫婦の家に2人組が侵入し、460万円を奪って逃げるという窃盗事件が起こりました。

80代夫婦は犯人たちと面識があるのでしょうか?

東村山市80代夫婦宅460万円窃盗事件。

東京・東村山市の住宅に2人組の男が押し入り、現金およそ460万円を奪い逃走した。

23日午前1時すぎ、東村山市秋津町の80代の夫婦が住む住宅に2人組の男が押し入り、夫婦にカッターナイフのような物をつきつけ、「金を出せ」と脅した。

男らは、夫婦の口と足首を粘着テープで縛ると、現金およそ460万円を奪い逃走し、夫婦は軽傷を負った。

2人組の男は白いマスクをして、1人が茶髪で20代くらい、身長170cmくらいだったということで、警視庁は、強盗致傷事件として2人組の行方を追っている。

出典:フジテレビ

東京都東村山市の民家に23日の午前1時頃、男二人が押し入り現金460万円くらいを盗んで逃げたそうです。

そんな夜中に男が2人押し入ってきたなんて、さぞ怖かったのではないでしょうか?

カッターナイフのようなもので脅してきたそうですが、たとえカッターナイフでも怖いですよね、、、。

お金が盗まれたのは痛いですが、その民家に住んでいる80代の夫婦が軽傷だったのがよかったですよね!

犯人の特徴は?

2人組の男は白いマスクをして、1人が茶髪で20代くらい、身長170cmくらいだったということで、警視庁は、強盗致傷事件として2人組の行方を追っている。

出典:フジテレビ

2人のうち1人が20代で身長が170㎝くらいだったということです。

許せないけど、暴行したりしていないのは良かったと思う。現金をかなり持っていて殺された人がいたから、、、

犯人は逃走中です。

80代夫婦は犯人と面識はある?画像

 

怖かっただろうし、暗くてはっきりとは見えなかったのではないかと思います。

気が動転してその時はわからなかったのもあるかもしれません。

ですが、偶然この家を選んだのかは疑問が残るところです。

ある程度まとまった現金があるということを知っていた人物ではないかと思ってしまいます(警察や探偵ではないけど、、、テレビの見すぎかも、、、笑

 

80代夫婦460万円盗まれる事件についての口コミ

短絡的な犯行ですね。
いまどき460万円(一人230万円)なんてちゃんと働けば簡単に稼げるでしょうに。
これが東京都の民度
また東京か。
東京って怖い
現金渡して命が助かったのは良かったかもしれない。犯人は許せないけど、殺されたりするパターンが多すぎるから
年末年始が迫ってくると、店舗への強盗や個人宅の強盗事件が増えてきますね。自宅に置く現金は盗まれてもいい最低限にしておくこと、たとえ生活費の一部かもしれませんが、大金を自宅に持ち帰ったり、置いているなどの話は墓場にもっていくくらいの気持ちで家族以外の他人には絶対に話してはいけないように思います。いくら常日頃から世話になって信頼していると思っても実際は違ったなんてこともありますし。これから帰省で家を長期間空ける方も要注意だと思います。留守をにおわす話はどこで聞かれているかわかりませんよ。我が家は2回空き巣被害に遭い、1回は未遂で終わったことがありました。どんなにうちは防犯対策しっかりしているんだと思っていても、犯人からすれば朝飯前なのかもしれません。
基本的に自宅から現金強奪は情報漏えいのみ。
貴金属などは豪華な家だと狙われるが留守のときだと想定できる。あえて人がいるのを狙ってる(仮定)なら誰かに話したのだろう。
人から人へ、辿って行けば犯人につながると思うが警察の苦労を考えたら、お金のことは話さないほうがよい。今回はそうなのかわからないが。
80代になると、自宅に現金を保管しておくことは、普通のことになるのでしょうか!
防犯の強化も考えないといけませんね
事前に電話で確認の強盗がいましたよね?
高齢者の周りの人は、注意してあげたいですね。

⇒もしかしてアポ電強盗?東村山80代夫婦現金窃盗事件

 

まとめ

80代夫婦の家に深夜に押し入り現金を奪った犯人は今だ逃走中です。

早く捕まってほしいですね。