行事-秋

ハロウィン2019ハロウィンいつ?元はどんなイベント?日本で過熱

日本で加熱するハロウィンイベント。

日本のハロウィン盛り上がりは近年のことです。

衣装やメイクの技術も進化し、一つの文化のようになっています。

あまりにも盛り上がりすぎて本来のハロウィンはどんな行事なのかと思ってしまいます。

ハロウィンは本来どんなイベントなのか?

ハロウィンはいつなのか?

独自の文化となっている日本のハロウィンはどんなイベントなのか調べてみたいと思います!

ハロウィン2019のハロウィンいつ?

 

ハロウィンは毎年変わらず10月31日です!

こういう行事の日は曜日で決められていたりしますが、ハロウィンは毎年10月31日と決まっています。

古代ケルト人の1年の終わりにあたる日が10月31日だったそうで、死者が帰ってくると言われていたことから日本でいうところの大みそかでありお盆のような日だったそうです。

また10月31日に秋がおわり11月1日に冬が始まると言われていたそうで、今のような行事ではなく神聖な日だったようです。

本来はどんなイベント?

日本でのハロウィンが過熱しているので本来はハロウィンがどんな行事なのかわからなくなりますよね。

外国では子供たちが仮装をして「トリックオアトリート」といいお菓子をもらうということは効いたことがあるのではないでしょうか?

本来ハロウィンはこんなイベントでした。

先ほど述べましたが、ハロウィンは10月31日に行われますが、古代ケルトを起源とする1年の終わりであり日本でいう大みそかやお盆のような行事でした。

死者が帰ってくると信じられていたこの10月31日の夜に悪霊や魔女なども出てくると信じられていて、悪さをする悪霊や魔女から身を守るために仮面をかぶったり焚火をしたりして身を守ろうとしていたそうです。

現在のハロウィンとはほとんど違いますよね。

現在はかぼちゃを使用していますが、アメリカ大陸発見前あたりではカブの一種をランタンとしていたそうです。

ハロウィンがアメリカ大陸に伝わる際にアメリカにカブが無かったのでかぼちゃで代用されたのが始まりともいわれています。

 

現在では子供たちにとっては仮装してお菓子をもらえる楽しい日ですよね。

大人たちも仮装をしたリホラーを楽しんだりする日となっていますね。

大人や子供たちの仮装している姿を見るのは楽しいものです。

日本で加熱するハロウィン

近年、日本のハロウィンは過熱の一途をたどっています。

場所によってはお祭り騒ぎになったり、悪ふざけが過ぎて警察が出動したりと毎年ニュースになっていると感じます。

ハロウィンの起源や文化を知らずに騒いでいるのが問題と言われています。

お祭り騒ぎをするのも悪くないですが、せっかくであればハロウィンの起源などを知った上で楽しみたいものですね!