ドラマ

「同期のサクラ」真剣佑演技なぜ優勝?サクラに告白できない演技が◎

ドラマ「同期のサクラ」が面白くなっていますね!

先日放送があった「同期のサクラ」の第6話での新田真剣佑さんの演技が話題となっています。

サクラを愛おしく見つめていた5話からサクラにもっと近づこうとする6話。

仕事のことだけではなく恋愛模様も絡んでくるので面白いですね!

その第6話での新田真剣佑さんの演技が優勝!!と言われています。

一体なぜ優勝なのか、、、見た人はわかりますね!

「同期のサクラ」真剣佑演技なぜ優勝?

『同期のサクラ』は、ドラマ『過保護のカホコ』制作チームが集結し、遊川和彦が脚本を手掛けるオリジナルドラマ。小さな離島から上京した北野サクラ(高畑充希)の「故郷と本土を結ぶ橋を架ける」という夢に、就職先の大手ゼネコンの同期である月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)たちも巻き込まれていく――。

第6話では、葵とサクラがエレベーターで2人きりになった。思いを寄せるサクラが合コンに誘われたことを知って焦る葵。「ひそかにおまえのことが好きな男がいるとして、そいつが告白してきたらどうする?」という質問で様子見しようとしたが、「付き合いません」と突き放されてしまった。それでも葵はめげずに「でもそいつは、そこそこルックスも……。だいぶルックスもいいし、性格も前よりなんていうか、誠実っぽくなっていたら?」と食い下がるが……。

普段は強気で多弁な葵だが、サクラの前ではしどろもどろになってしまうようだ。さらに第6話では、同じくサクラのことが好きだが言葉に出せない菊夫の苦悩も描かれた。恋に悩む2人の姿にネット上では、「優勝!」「イケメンがキョドるの好き!」「普段とのギャップがマジでかわいい……」「あのルックスでフラれるのなんか笑っちゃうw」「気づけよって思うけど、サクラじゃ無理かw」と盛り上がりを見せていた。

出典:トレンドニュースGYAO

真剣佑さん演じる葵の演技も優勝なのですが、間違えました。

顔面優勝でした!!

この演技の時の表情いいですよね~。

しどろもどろ感が大いに伝わってきます。

誰が何と言おうと優勝!
サクラうらやまし~。この問いかけが続くとして5回に1回くらいは付き合います!ってならないかな。私なら1回目で付き合います!ってなる(^^

サクラに告白できない演技が◎

真剣佑さんのしどろもどろ演技がまさにその状況にぴったりで上手い!と話題ですよね。

最初のころの演技と5話での葛藤の演技と現在の演技、それぞれが良いのでファンは魅了されてしまいます。

もしかしてこの「同期のサクラ」でもファンが増えたのではないでしょうか?

 

「同期のサクラ」真剣佑演技優勝の口コミ

葵くんめっちゃ可愛い
呼ばれてないのに桜の家に来たと菊夫、尊すぎる。 中学生かよ
恋する木島この可愛さ何???(困惑)
サクラに電話がなかなか出来ない菊夫くんとくんの近くにいた廉太郎くんにサクラから連絡がきたときの反応可愛すぎな
病室のシーンから察するに、くんはサクラに5年近く片想いしてるってことですか?可愛いがすぎる。しんどい。

次回も楽しみですね!!