ニュース

青森沖で貨物船衝突行方不明の13人誰?何の貨物船だった?ベリーズ船籍

2月29日午後10時過ぎに青森県沖12キロの海上で、ベリーズ船籍の貨物船と底引き網漁船が衝突したそうです。

貨物船の乗組員が13人行方不明になっているそうで、今も捜索が続けられているそうです。

心配ですよね。早く見つかってほしいです。

貨物船の乗組員で行方不明になっているのは誰なのでしょうか?

また何の貨物船だったのでしょうか?

気になるので調べてみました!

 

青森沖で貨物船衝突!行方不明の13人誰?

 先月29日夜、青森県六ケ所村沖で貨物船と漁船が衝突し、貨物船が沈没しました。乗組員13人が行方不明となっています。

八戸海上保安部などによりますと、午後10時すぎ、六ケ所村沖でベリーズ船籍の貨物船「GUO XING(グオシン)1」から「漁船と衝突した」と通報がありました。貨物船はその後に沈没し、乗組員14人のうち中国人、ベトナム人、フィリピン人の13人が行方不明になっているということです。海上保安庁の巡視船などが夜を徹して捜索を続けましたが、行方不明者の発見には至っていません。1日朝からは自衛隊の航空機も出動して捜索が続けられています。

出典:ANNニュース

青森沖の海上で貨物船と漁船が衝突する事故が起こり、貨物船の乗組員13人が行方不明となっています。

行方不明の13人についての名前や身元は明らかにされていません。

行方不明になっているのは、中国人・フィリピン人・ベトナム人の計13人です。

わかり次第追記します!

何の貨物船だった?ベリーズ船籍

 

2月29日午後10時15分ごろ、青森県六ケ所村の泊漁港沖で「漁船と衝突した。浸水している」と、ベリーズ船籍の貨物船グオ・シン・ワン(1989トン)から第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)に通報があった。貨物船は約20分後に沈没した。乗組員は中国人とベトナム人、フィリピン人の計14人で1人は救助されたが、13人が行方不明になっている。

海保によると、貨物船と衝突したのは青森県八戸市の富丸秋山漁業の漁船第8富丸(138トン)。乗組員15人のうち、1人が頭にけがをして病院に搬送されたという。

救助されたベトナム人の男性乗組員(33)は1日午前2時過ぎ、船で八戸市の八戸港に着いた。救急隊員らに抱えられるようにして下船し、担架で搬送された。乗組員は意識があり、話もできる状態という。

一方、衝突した第8富丸は1日午前11時過ぎに八戸港に帰港した。船首が激しく傷み、一部は穴があいていたほか、船体左舷にも傷があった。富丸秋山漁業の秋山博樹専務は「残された乗組員が早く見つかってほしい」と話した。

出典:朝日新聞社

ベリーズ船籍の貨物船GUOXING1には何が載せてあったのでしょうか?

何が載せてあったのかは現在のところ明らかにされていません。

わかり次第追記します!

 

青森沖で漁船と貨物船衝突についての口コミ

1人でも多く救助されますように。

14人のうち13人、中国人、ベトナム人、フィリピン人が行方不明になってるって、本当に心配です

自衛隊の皆様、何とかして、救出してください

見つかって欲しい
ベリーズの船なのに名前が中国っぽい。何にせよ不明の皆さん無事に見つかりますように。

⇒青森沖貨物船と衝突したのは何の漁船?乗組員は無事?